川のある風景!

川遊びを中心に田舎暮らしや風景を紹介! 鮎の友釣りをメインにソルトルアーやアマゴのミノーイングなども。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年5月25日、和歌山県古座川ダム上渓流ミノーイング!小さいアマゴばかり・・・

2013.05.27 (Mon)
川沿いの家

ダム上に用事があったので車を走らせる。ついでに沢に浸かろうと車にはウェーダーを忍ばせてきた。まあ、別にこそこそと忍ばせる必要もないのだが・・・

用事をすませそのまま沢に向かう。

白い花

日射しが肌を刺す。ちょっと前まではトレーナーが必要だったのに、もうTシャツだけで十分な気候になった。

スミスのDコンタクト(白金)を取り付けキャストを開始。今日は今まで一度も入ったことのない集落の中心部にあるエリアを歩く。
あいかわらずミノーをチェイスしてくるのは小さなアマゴばかり。
それでも白波の立つ瀬の落ち込みで、数は少ないがそこそこのサイズのアマゴのチェイスがある。
しかし、数少ないそこそこのアマゴを掛かけてもばらす・・・

チビアマゴの猛攻を避けようと上流部に移動する。

渓流の様子

ウェイビー50(アマゴカラー)を取り付け、下流に向けキャスト。流芯をゆっくりただ巻でミノーを引き上げてくる。白い泡立ちが消えるすぐ下の揺らぎの中に一瞬だが黒い影が見えた。

膝を曲げティップを水面ギリギリまで下げもう一度同じ筋を通す。小さくトゥイッチをいれ、その後ほんの少しの時間、ミノーを流れに任せ止める。

ロッドに重みがかかる。そのままロッドを立ててゴリ巻で魚を寄せ引き抜く。

やっと出会えたヽ(^。^)ノ

アマゴ

オレンジ色の朱点が見事なアマゴだ!
よれて見づらい水面に黒い影をとらえらてなければこのアマゴとは出会えなかった。

レアニウム

偏光グラスが欲しい。友釣りにミノーイング、そのほかの釣りで一度も偏光グラスを付けた事が無い・・・
あれば便利だなと思うが、いい値段するからなあ(´・ω・`)

この日は2時間ほどロッドを振ってアマゴが6匹。ただ、1匹を除いては即リリースの小さなアマゴばかりだった。

【使用タックルデータ】
ROD :DAIWA PURIST NT 58LFS-2
REEL:SHIMANO RARENIUM CI4 C2000S
LINE:FLUOROCARBON 3lb

にほんブログ村 釣りブログへ
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。