川のある風景!

川遊びを中心に田舎暮らしや風景を紹介! 鮎の友釣りをメインにソルトルアーやアマゴのミノーイングなども。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古座川鮎釣果まとめ!iPhoneの防水ケース購入!これで友釣りに携帯を持って行ける。

2013.07.06 (Sat)
古座川河口

ここのところの古座川は増水続きで友釣りは厳しい状況が続いている。

古座川支流

【7月1日】
鮎の注文を受けたので午後から出勤!10匹と注文数は少ないが20cmほどで支流の鮎という条件付き・・・
いいサイズの鮎が獲れるとしたら支流上流部!?
岩盤や大きな石以外のコケは流された状態で厳しいかも。

囮鮎を送り出し暫く引くも反応が無い。やっと掛かってきたのは16cmほどの小さな鮎。
その鮎を囮にし釣り下る。岩盤の変化で流れにたるみ出来ている場所の手前の流れを引いてみる。引いているときには反応が無かったが竿をおこしたとたん、目印が飛んだ。

古座川の鮎

取り込むと20cmほどのいい鮎。そこからポツポツト掛け3時間ちょいで14匹。10匹のいいサイズの鮎が獲れたので釣りをやめ、注文先に鮎を届ける。

大きな石が多数あり、複雑な流れを作り出すポイントは苦手だ。囮鮎を上手く流れになじませる事が出来ない。
本流にはこのようなポイントはほぼない。苦手なので避けるのではなく、苦手なポイントも積極的に竿を出していかないと上手くならないのだろう。

鮎、釣果

キラッと光る鮎を見つけそこに囮鮎を送り込み待つ釣り。適当に引いてもほぼ出なかった・・・
木が邪魔で釣り辛い場所に囮を入れても反応が無いのは釣り荒れているのか。

古座川の様子

【7月3日】
iPhoneの防水ケースが届いたので今日から釣行時間をiPhoneアプリのストップウォッチで計る事にした。釣り場に着いてから片付けを終え釣り場を離れるまでを計測する。本流の残りゴケ狙いで2時間48分竿を出すも4匹。めちゃくちゃ厳しい。何のヒントすら掴めず。

今日は2ヵ所を攻めてみた。最初に入ったポイントで、おじさんがヌマエビのを捕る為の箱を仕掛けに来ていた。

「この場所で最近友釣りしていましたか?」
「ここ何日も友釣りしているのを見た事が無い」

竿抜けポイントなのか。自信失くすわ・・・

LifeProof frē iPhone5

防水ケースは「LifeProof frē iPhone5 」を購入。
国際防護基準IP-68規定をクリアしているのが特徴で、2メートルの水深に30分間浸かっていても大丈夫らしい。2 mからの落下に耐える耐衝撃性能。カメラ部分には光学ガラスレンズを使用。
前面がフィルムなので安っぽさは否めないが、防水などの性能はいいらしい。価格が8000円を超えるので良くなくては困るんだけどね・・・
通話やタッチパネルの感度は問題ない。ただ、防水ケースの中にiPhoneを入れるので音はこもる。

【7月4日】
前日からの大雨でまた七川ダムが毎秒320tまでの放流を開始。渇水で悩んでいた頃が懐かしい・・・

嶽の森

【7月5日】
祭りで使う鮎を明日の午前中までに10匹頼まれていた。この川の状況では期限を延ばしてもらいたいところだが、祭りの日が決まっているのでそれは出来ない。
なので本日の午後から出勤。
支流の上流部に出来るかどうかわからないままとりあえず向かう。
最初のポイントに着くともう既に3人が入っている・・・早いなあ(´-ω-`)
2ヵ所目にも1人。3ヵ所目は誰もいない。でも、苦手な場所。

古座川支流の様子

竿を出してすぐに小さい鮎が掛かる。

古座川支流の鮎

そこからいいサイズも混じり、4時間ほどで21匹。最も大きいので20cm。あと囮にならないほど小さいのが3匹。

古座川支流の鮎釣果

ただ、やはりここは苦手(_ _|||)
平面の水の流れだけでなく、立体的な流れなど複雑に水の流れが絡み合う場所に、囮鮎を上手く入れる事が出来ない・・・何処に入れていいかもわからないw
囮が流れに巻き込まれラインが岩にスレてひとつ切ってしまった。
まあ、でも注文の鮎はそろったので良しかな。

10時間ほど竿をだし39匹。時速3.9匹。
解禁からトータル61時間30分ほど竿を出して315匹。時速5.12匹。

にほんブログ村 釣りブログへ

2013年古座川鮎の友釣り釣果報告、6月21日~30日!増水続きで苦戦中(´-ω-`)

2013.07.05 (Fri)
ハッチョウトンボ(雌)

6月20日に増水!コケが飛び暫くは残りゴケ狙い。
友釣りをあきらめ竿を出せない間は、ぷらぷらと日本で最も小さいトンボ「ハッチョウトンボ」の様子を見に行ったり、仕掛けを作ったり。

【6月23日】
お客様にメールで状況を問い合わせると厳しそう。用意をしてそのお客様の所に向かう。ダメとの事なのでそのままお客様と本流の残りアカ狙いへ。
そこそこ増水してもコケが広く残る場所なのだが、濁りで少し水深があると状況が全くわからない。
瀬の下流に向かい釣りを開始する。何処が釣れるのかわからないので動き回り1時間ちょいで12匹を釣りあげる。一旦、上流のお客様の所に戻り状況を聞くとよくないらしい。とりあえず囮鮎を2匹お渡しし、お客様に下流部に入ってもらう。私は少し様子を見つつ休憩。1時間ちょいで休憩って・・・

古座川の鮎

休憩の後、瀬の上流部で竿を出すと3連発。色白だがそこそこのサイズヽ(^。^)ノ
しかし、そこから次がなかなかこない。最上流部、中流、最下流部と動き回るがあまり良くないまま17時のチャイムで終了。
釣果は2時間30分ほど竿をだし21匹。囮にならないほどちちゃいのも数匹入れてです。大きいので18cmほどかな。
本流・支流ともにもう竿は出せる。ただし、一部の支流を除きほぼコケは流されている状態だと思われる。本流はしばらく厳しいかな・・・小川もまっしろ、こちらも本流同様厳しい。

6月23日釣果

【6月24日】
「4人で一つのポイントに入りたい」「できれば小川がいい」
うーん、この状況で・・・
とりあえずダメだとわかってはいるが、小川の様子を見に行く。
無理・・・1人や2人なら入れるポイントはある。ただ、その人数でも半日ももたないほど狭い範囲しかコケが残ってない。
お客様に小川はダメですと電話で伝え本流に向かう。
私は残りコケであまり狙った事のないポイントに入ってみる。
ほぼ全面にコケが残ってるじゃんヽ(^。^)ノ

2013年6月24日の鮎

ちょっと圧しがきついけど、ここなら4人でも1日十分いける。竿を出してみるとポツポツ掛かる。ここに決定だ!
14時前から16時過ぎまで、2時間半も竿を出してないかな。釣果は20匹でした!

2013年6月24日釣果

6月26日の13時より七川ダムが毎秒320tまでの放流を開始。
20日の増水より水位は高いが、潜水(沈下)橋は何とか存在を確認できる。

増水時の沈下橋

【6月28日】
水曜日に増水してから2日め、とりあえず竿を出してきました。
本流はまだ濁りもきつく水位も高いので岩盤の残りゴケねらいで支流に。
12時30分頃から15時30分頃までの3時間で2ヶ所まわるも釣果は6匹と撃沈。
1ヵ所目、5匹掛けるも一つは口掛かりで引き抜いて飛んでくる途中で空中分解。もうひとつ、今度はキャッチミス。情けない・・・
入ったすぐのポイントがあまりよくないので、歩いて少し下流に移動すると先行者がいた。掛からなかったのは、活性が低いからか、それとも先行者に釣られていたか、または腕が悪いからなのかはわからない( ̄ー ̄?)
2ヵ所目、4匹掛けるも1匹根掛かりでロスト。岩盤以外に大きな石に残るコケも狙ってみたが全くダメだった。コケの残る石に囮鮎をうまく誘導出来ず、留めておく事もできない。腕がないと言う事で(´・ω・`)

古座川の鮎

本日の17時にダムの放流が通常放流になりました。現在は毎秒約11tの放流となってます。水位は平水より約15cm高。本流はほぼコケが飛ばされているはずです。数ヶ所広くコケの残る場所もあるはずですが、今はまだハッキリしません。本流は明日調査予定!
各支流はもう竿を出せる水位です。こちらも残りゴケ狙いになります。

【6月29日】
1時間ほど本流で竿を出すも、1匹と撃沈。これ以外に一回けられたかな。コケは前回の増水時より飛ばされてはいる。濁りは強いが掛からない程の濁りではない。
うーん、ダメだった最も大きな要因は強風かな。 風に負けるようじゃまだまだ(´・ω・`)
明日も同じ場所に行ってみる。
お客様は小川で良いサイズの鮎を30匹弱あげていた!

古座川の様子

【6月30日】
古座川本流はまだ濁りがとれません。
昨日と同じ場所に出撃しましたが、1時間半で3匹と返り討ちにあいました。
朝からそのポイントに入っていたお客様は15時頃までに35匹。この状況下では良い釣果です。
普段よく掛かる瀬ではコケが残っているのに全くかからず。トロ場で囮鮎が上にのぼってくれないので、自分が下流に下り囮鮎を上にのぼらせた気分になるなんちゃって上飛ばしで3匹・・・
掛かってくる鮎は濁りのせいで色白。

増水の濁りで白い鮎

10時間30分ほど竿をだし51匹。時速4.86匹。
解禁からトータル51時間30分ほど竿を出して276匹。時速5.36匹。

にほんブログ村 釣りブログへ
« Prev  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。