川のある風景!

川遊びを中心に田舎暮らしや風景を紹介! 鮎の友釣りをメインにソルトルアーやアマゴのミノーイングなども。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年4月15日、アマゴ狙いで渓流ミノーイング!前回のリベンジだー

2013.04.17 (Wed)
渓流

14日のリベンジと沢歩きに向かうが、根性のない私は14日とは別の沢に入ることに。

まずは下流域から攻めてみようと12時過ぎにポイントに入る。天気も良く、日射しが気持ちいい。もう半袖でもいいかなと思いつつ沢をのぼっていく。

深めのポイントにミノーを投げ入れる。ミノーを底付近まで沈めてからリトリーブ。至福の重量感がロッドに伝わりキラっと魚が光った。重量感と魚が身をひるがえした瞬間で魚がいいサイズだとわかる。それを認識すると、嬉しいの前に焦りが出てしまう。水の透明度の高い渓流だからこそ味わえる感覚だな。

今日も前回に引き続き25cmのアマゴを釣りあげた。

前回同様、ミノーはDコンタクトの鮎カラー。鮎カラーって大物に効くのか!?

アマゴ

支流の小さな谷にも入ってみたが、ミノーを通せる場所が少ない。数匹のチェイスはあったものの釣りあげる事が出来ず、それほどのぼらないうちに引き返す。

渓流

谷の様子を眺めながら林道を歩いて車に戻る。ふと前を見る。「ゲッ」長いヘビが道をふさいでいた・・・田舎育ちのくせにヘビは苦手で遠くから認識できればまだいいが、目の前に不意に現れると固まってしまう。まさに蛇ににらまれた蛙状態、足の先から頭のてっぺんまで電気が走る。

女性に見つめられても身動きが出来なくなる・・・

髪の毛が毒ヘビのメドゥーサはもともとは美少女でポセイドンの愛人だったらしい。毒蛇と美少女の最強コラボ、見つめられると石になるのもうなづける。

谷

少し沢を釣り歩いては車に戻り、車で上流へポイントを移動するを繰り返す。

ひとひろ程しかない浅いポイント。アップストリームでミノーを引くのが難しい・・・大きくポイントを離れて上流に移動しミノーを下流に投げる。流れの抵抗を利用しミノーをトゥイッチを入れながらゆくりと引きあげる。横の岩陰から黒い影が飛び出してきた。

HIT!! 浅い場所だがいいサイズのアマゴ。ほんといつみてもアマゴって綺麗だ!

アマゴ

魚止めの滝までのぼり、滝つぼで3匹のアマゴを追加したところで釣行を終了。最後の3匹は全てパーマークが規則正しく並んでいた。全てリリースサイズのアマゴだったが、それ程広くない場所で3匹も釣れるのは珍しい。そこから林道にあがり17時前に車に戻る。

アマゴ

前日の雨がよかったのか今回はアマゴのチェイスも多かった。釣果はアマゴ11匹、バラシが5匹でばらした魚の1匹はカワムツかな(・_・;!?

にほんブログ村 釣りブログへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。